基礎体温を上げよう

自然妊娠応援ネット
 自然妊娠応援ネット 自然妊娠応援ネット
HOME > 体温を上げる

不妊から自然妊娠TOP
食生活を見直す
サプリの見極め方
タイミングのコツ
卵の質を上げる
体温を上げる
着床しやすい体へ
リンク
体温を上げよう

体温を上げよう!

人間の体温は高ければ高いほど、ウィルスに対しても殺傷能力が高く、病気になりにくいと言われています。風邪をひいて体温が上がるのはウィルスを外に出そうと戦っているからです。またガン細胞が好む体温は35度台と言われています。


基礎体温からみる不妊

ママになりたい女性のほとんどは基礎体温をつけていると思いますが、低温期が長く、高温期が短い場合や、高温期への以降がダラダラとゆっくり上がるタイプは、子宮の冷えや血液の流れが悪く、卵巣の血流も低下している場合があります。


冷え性とは?

そもそも冷え性とは、手足など末端の体温調節がうまくできなくなる状態で、@皮膚や内臓にある温度を感じる神経の機能が鈍くなっている、A体温調節の指令を出す自律神経の機能が衰える、というのが主な原因です。自律神経は、女性ホルモンの分泌をコントロールする神経のバランスが崩れると、それに応じて機能が低下するので、特に女性に冷え性が目立つわけです。

不妊女性の大半は冷え症で悩んでいると言います。冷え性の女性は、基礎体温が全体的に低く、ホルモンバランスも乱れやすく、不妊の大きな要因になります。普段の生活から冷えを改善し、妊娠しやすい体作りを心がけましょう。体温が上がり、子宮への血流が良くなることで、内膜が厚くなり着床しやすい状態になります。


体を温める食生活を心がけましょう

食生活の改善のページでも書きましたが、体を温める食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

体を温める主な食品
卵黄、赤身の肉、ごぼう、ニンジン、山芋、レンコン、海藻、小豆、黒豆、納豆、黒砂糖、食塩、塩辛、ねぎ、玉ねぎ、かぼちゃ、生姜、ハチミツ、黒パン、そば、紅茶、赤ワイン、黒ビール、日本酒、紹興酒など

朝食は必ず摂りましょう

朝起きてすぐに体温を上げる方法は、朝食をきちんと食べることです。
脳へ血液が循環されると自然に体温が上がります。




基礎代謝を上げましょう!

基礎代謝とは、安静状態で行われる代謝で、何もしないでも必要なエネルギーです。体から放出される熱量は日本人の成人で一日1200〜1400キロカロリー。基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がり、消費エネルギーの7割を占めます。 基礎代謝が低くなると、消費カロリーが下がっていくので、食事量が減らなければ当然ながら太ります。消費エネルギーの7割を占める基礎代謝を高めることで、冷えの改善にもつながります。

■基礎代謝の上げ方

褐色脂肪細胞を活発化して基礎代謝を上げる

褐色脂肪細胞とは…
エネルギーを燃やす細胞のこと。体が寒さを感じると「白色脂肪細胞」というエネルギーを貯える細胞から「褐色脂肪細胞」が燃料を受け取り、それを燃やして熱を生み出し、体温を上げます。その褐色脂肪細胞の働きが悪いと燃料を燃やせず、体温を上げることができないのです。つまりこの細胞を活性化すれば、体温も基礎代謝も上げられます。

筋肉を鍛える、と聞くと辛い運動を想像しますが、基礎代謝は軽い運動でも上げることができます。まずはウォーキングに挑戦してみましょう!普段ウォーキングをしている方も、歩き方ひとつで筋肉への不可が違ってきます。大またで手を大きく振って、キビキビ歩くことにより有酸素運動となって効果的です。
また普段の姿勢が猫背で下腹部を付きだしていると肺活量も少なくなり腹筋も使わずドンドンお腹に脂肪を蓄えやすくなります。正しい姿勢で下腹部を引いた姿勢でいるだけでも、肺活量を増やし、自然に腹筋を鍛える事にもつながります。

普段の座り方も少し変えるだけで筋肉をアップすることができます。
イスの背もたれは使わず、お腹の筋肉を意識して浅く腰掛けるようにします。バランスボールなどに座れば深層筋肉を効率よく鍛えられます。


■半身欲で平均体温を上げる

忙しい現代人はバスタイムもついついシャワーですませてしまう、というケースが多いと思いますが、1日の中でも直接的に体温を上げるチャンスはバスタイムです。ブルブル震えながらシャワーを出しっぱなしにするバスタイムではなかなか体が温まず、冷えるのも早いですよね。
毎日浴槽につかることによって、平均体温を上げることができるのです。熱い湯に短時間入るより、ぬるめのお湯に 20〜30分でゆっくりのんびりと入りましょう。(人間の血液は約1分間で体内を1周します。末端まで温かい血液が行きわたるので、体の芯から温まります。)
※バスタイムには多量の汗をかきます。水分補給はしっかりしてください。


■トルマリンで血行促進!

お風呂にトルマリンの石を入れるだけで血行が改善され、辛い”冷え性”が改善されるとう報告があります。
トルマリンは常に電流を発していて、この効力は半永久的に続きます。
トルマリンにはさらに、遠赤外線を出しているという特徴もあり、この石をお風呂に入れるだけで、体が芯から温まる作用があります。


→着床しやすい体へ


体温 免疫力 体温免疫力―安保徹の新理論!
安保徹(著)
【レビュー】
体温から自分の体調を管理する「体温免疫力」を高めるには。体を温めると病気が治るということを安保理論で科学的に証明し、がん、アトピー性皮膚炎や慢性疾患について、原因から治療まで分かりやすく解説。


Copyright (C) 2010 Sizen Ninshin Ouen Net. All Rights Reserved